男優賞、女優賞の区別廃止 ベルリン国際映画祭

2020/8/26 12:07
保存
共有
印刷
その他

第70回ベルリン国際映画祭でレッドカーペットを準備する作業員(2月、ベルリン)=AP

第70回ベルリン国際映画祭でレッドカーペットを準備する作業員(2月、ベルリン)=AP

世界三大映画祭の一つ、ベルリン国際映画祭の事務局は26日までに、「最優秀男優賞」と「最優秀女優賞」を廃止し、新たに「最優秀主演俳優賞」と「最優秀助演俳優賞」を設けると発表した。「映画業界でジェンダー(社会的性差)により敏感になるきっかけになると信じている」としている。

同映画祭では過去に左幸子さん、田中絹代さん、寺島しのぶさん、黒木華さんが最優秀女優賞を受賞した。次回第71回は来年2月11~21日に開かれる。世界三大映画祭はベルリンとフランスのカンヌ、イタリアのベネチアで、性別による賞を廃止するのはベルリンが初めて。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]