一時帰国の海外協力隊、国内で活動 農業や地域貢献

2020/8/26 11:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で、一時帰国中の国際協力機構(JICA)海外協力隊が国内で活動を模索している。人手不足の農業に従事し地域の課題と向き合ったり、オンラインで海外の人にスポーツ指導したり。社会貢献の意欲を生かせるよう試行錯誤しながら再派遣の日を待つ。

3月以降、派遣中だった隊員約2000人全員が一時帰国した。新たに派遣予定だった約300人も国内待機が続く。JICAによると、国内から派遣国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]