/

radiko、民放ラジオ全99局配信 9月1日から

日経クロステック

ラジオ放送のインターネット配信を手掛けるradiko(ラジコ、東京・中央)は25日、9月1日に民放ラジオ全99局が聴取できるようになると発表した。エフエム徳島の配信を開始することで民放ラジオ全局がそろう。

ラジコは2010年12月1日設立で、今年は設立10周年となる。「今回の民放ラジオ全99局の参加によりラジオ業界の大同団結によるラジオの再価値化の1つを実現するに至る」と、全局参加の意義を説明する。

ラジコは、ラジオ放送のIPサイマル配信(番組の放送と同じ内容のものをインターネット経由で同時配信すること)に加えて、放送エリア外聴取を可能にした「エリアフリー聴取」(ラジコプレミアム、有料)、過去1週間さかのぼって番組聴取を可能にした「タイムフリー聴取」など新しいラジオの楽しみ方を具体化してきた。19年4月には、正式なサービスとしてNHKラジオ放送の配信を開始した。

20年春には、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による在宅勤務などの流れもあり、月間ユニークユーザー数が過去最大の900万人に到達、利用者数の拡大が進んでいる。ラジコを取り巻く全ての関係をつなぐ「オーディオ・プラットフォーム」をつくるという未来像を目指し、今後も様々なサービスの開発・提案を継続していく方針だ。

(日経クロステック/日経ニューメディア 田中正晴)

[日経クロステック 2020年8月25日掲載]

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン