/

この記事は会員限定です

首都圏自治体、ネット環境「公平」確保に知恵絞る

コロナ危機 地方から 始動・遠隔教育(下)

[有料会員限定]

首都圏には、小中学校の生徒に端末を1人1台配り、授業や家庭学習に活用してもらう政府の「GIGAスクール構想」実現の前倒しをきっかけに、遠隔教育に取り組む自治体も多い。オンラインのインフラとなる家庭や学校でのインターネット環境整備にも知恵を絞る必要に迫られている。

政府は2020年度補正予算で、GIGAスクール構想実現に関する費用を計上した。タブレット購入費用のほか、ネット環境が整っていない家庭には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1071文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン