/

この記事は会員限定です

求人減でも下がらぬバイト時給 コロナの新生活映す

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の縮小で、アルバイト市場の求人は半減した。にもかかわらず、過去最高値圏まで上昇したアルバイト時給の相場は崩れる気配はない。人手不足という構造課題が解決されないうえ、コロナ禍による生活様式の変化の影響も断片的ながら表れているからだ。

バイト時給は最高値圏続く

アルバイト市場を語るとき、ここ数年は「人手不足」がキーワードの一つだ。訪日外国人(インバウンド)の増加などを背景にした経済活動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン