/

この記事は会員限定です

万博ロゴ「印象残りやすい」「異質さで注目度アップ」

ゆかりの人々評価

[有料会員限定]

25日に決まった2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の公式ロゴマークについて、万博にゆかりのある人々からは好意的な評価が集まる一方、コンセプトを分かりやすく伝える工夫を求める声も上がった。

「細胞をかたどったロゴで、万博のテーマである『いのち輝く未来社会のデザイン』を連想しやすい」。医学生らを中心に作る「inochi学生プロジェクト」のメンバーだった川竹絢子さん(25)はこう話す。2018年6月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン