コンビニ店舗数、初の減少 増収率は過去10年で最低

2020/8/25 22:27 (2020/8/26 5:28更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンビニエンスストア業界の成長モデルが行き詰まっている。日本経済新聞がまとめた2019年度のコンビニ調査では、店舗数が1981年度以降で初めて前年を割り込み、売上高伸び率は過去10年で最低だった。大手各社は従来の大量出店方式は限界とみて、画一的な店舗づくりの見直しや省力化といった事業構造の転換に動く。(詳細を26日付日経MJに)

19年度の国内コンビニ店舗数は、比較可能な15社で5万8250店と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]