宮崎知事、国体延期を了承 27年の開催目指す

2020/8/25 20:18
保存
共有
印刷
その他

宮崎県の河野俊嗣知事は25日の記者会見で、2026年に同県で開催することになっていた国民体育大会(国体)を、27年へ1年延期するように日本スポーツ協会から要請を受け、了承したことを明らかにした。宮崎大会は、国体を改称後の「国民スポーツ大会」として開かれる見通し。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年10月に予定していた鹿児島国体が延期され、現在は23年に行う方向で話し合いを進めている。宮崎県への延期要請はその関連で、河野氏は「痛みを日本全体で分かち合うことが重要だ」と語った。

宮崎県によると、宮崎大会の1年延期が正式決定するには、他に1年延ばすよう協力を求められている他の県も受け入れることが必要となる。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]