/

この記事は会員限定です

首都圏で考える大阪都構想(点照)

[有料会員限定]

首都圏ではあまり話題になっていないが、大阪都構想を住民投票にかける制度案が、28日に大阪府議会、9月3日に大阪市議会でそれぞれ議決される見通しだ。新型コロナウイルスの影響次第で延期もありうるが、住民投票は11月1日に予定されている。この動きを首都圏ではどう考えたらよいだろうか。

まず首都圏に5つある政令指定都市の反面教師になる。都構想は大阪市をなくして広域行政を大阪府に一元化し、住民サービスは新設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン