/

愛知知事リコール署名開始 「今はコロナ対策」抗議も

愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)を目指す美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は25日、リコールに向けた署名集めを開始した。リコールの賛否を問う住民投票は有権者の一定割合以上の署名が集まれば実施される。県によると、今年6月時点で約87万人分が必要。高須氏側は、署名集めを担う「受任者」が約7万人集まっていると説明した。

JR名古屋駅前での街頭宣伝に、河村たかし名古屋市長も参加した。

一方、署名開始に先立ち、リコールに反対する市民団体が愛知県庁前で抗議活動。参加者は「今大事なのは新型コロナウイルス対策。市民を軽視した活動は納得できない」と河村市長を批判した。

大村知事は25日の記者会見で「コメントはないが、仮に事実に基づかないことを言い募るなら毅然とした対応をとる」とくぎを刺した。

高須氏は、芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で展示された昭和天皇に関する映像作品などを巡る大村知事の対応を問題視している。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン