/

山形市の岡崎医療、センサー見守りと訪問をセット

医療機器卸の岡崎医療(山形市)はセンサーを使う見守りシステムに、家事代行サービスをセットにした「オーラでまもるーの」を始めた。高齢者を対象にした2つの新サービスを組み合わせ安否確認する。新型コロナウイルスの感染拡大で遠距離介護や帰省が難しい状況にも対応する。

マットレスの下にセンサーを敷き睡眠時間などをネットで知らせる「まもるーのHOME」を4月に始めた。異常があれば離れた場所に暮らす子どもに通知するが、日常的な見守りを希望する人も多い。そこで、2年前に始めた家事代行サービス「オーラ」を組み合わせ、週1回訪問して状況を知らせる。

料金は東京―山形間の往復交通費並みの月額2万1000円に設定。1回の訪問で1時間、家事や買い物などを依頼できる。自社で経営する調剤薬局の無料電話相談にも対応する。斎藤嘉広社長は「一人暮らしをする高齢の親が心配になった、首都圏の子ども世代は多い」とみている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン