北海道、新型コロナの警戒ステージ5段階に

北海道
生活
医療・健康
2020/8/25 18:30
保存
共有
印刷
その他

北海道は鈴木直道知事(右)が出席する新型コロナウイルス感染対策の幹部会議を開いた(25日、道庁)

北海道は鈴木直道知事(右)が出席する新型コロナウイルス感染対策の幹部会議を開いた(25日、道庁)

北海道は25日、新型コロナウイルス感染拡大の道内の状況をわかりやすく示すため、3段階だった警戒ステージを5段階に細分化した。感染者が急増する前段階で対応できる体制を整える。

鈴木直道知事が出席する新型コロナウイルス感染症対策の本部会議で決めた。感染者が散発的に発生しており、医療提供体制に大きな支障がない段階をステージ1とし、病床数が150に達した場合などにステージ2へ移行。病床数250以上や重症者用病床25などでステージ3になる。

さらに局面が悪化した場合、病床数350床以上や療養者数796人などでステージ4、病床数900床以上や療養者数が1327人に増えると最悪のステージ5にする。新規感染者数など他の指標と総合判断する。

道はイベントの開催制限の撤廃期限も延長し、8月末で見直すとしていた参加人数の上限(5千人)を9月も継続する。

北海道は鈴木直道知事(右)が出席する新型コロナウイルス感染対策の幹部会議を開いた(25日、道庁)

北海道は鈴木直道知事(右)が出席する新型コロナウイルス感染対策の幹部会議を開いた(25日、道庁)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]