覇権を争う米中、迫られる関係の再定義
客員論説委員 土屋 大洋

中外時評
2020/8/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国外交部の報道官は、日本に対しても米国に対しても常に強い言葉をぶつけてくる印象がある。しかし中国の人々は、以前の中国外交が軟弱だと外交部を批判していたそうだ。外交部はカルシウムが足りないから軟弱なのだとして、カルシウムの錠剤を送りつけてくる人もいたらしい。

他国に挑発的な言動をする「戦狼(せんろう)外交」とは、人気の中国映画にちなんで付けられた通称だが、中国の人々は昨今の中国政府の強気の外交姿…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]