/

この記事は会員限定です

覇権を争う米中、迫られる関係の再定義

客員論説委員 土屋 大洋

[有料会員限定]

中国外交部の報道官は、日本に対しても米国に対しても常に強い言葉をぶつけてくる印象がある。しかし中国の人々は、以前の中国外交が軟弱だと外交部を批判していたそうだ。外交部はカルシウムが足りないから軟弱なのだとして、カルシウムの錠剤を送りつけてくる人もいたらしい。

他国に挑発的な言動をする「戦狼(せんろう)外交」とは、人気の中国映画にちなんで付けられた通称だが、中国の人々は昨今の中国政府の強気の外交姿...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン