/

この記事は会員限定です

方言を地域活性化に生かせ 民間・自治体の活用多彩に

[有料会員限定]

全国各地で方言を地域の活性化に生かそうという動きが高まっている。「方言検定」開催や関連本の出版、メディアへの登場などが相次ぐ。かつては出身地の方言に劣等感を持つ人が多かったが、若者を中心にそうした意識が薄れ、ネットなどで気楽に楽しめるツールとして注目を浴び始めた。新型コロナウイルスの感染拡大下では、県民と県外にいる縁者とを結ぶ「絆」としても活用されている。文化の保存・継承にとどまらず、観光振興につ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3150文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン