/

この記事は会員限定です

台湾、中国タオバオや愛奇芸締め出し 迂回投資にメス

[有料会員限定]

【台北=中村裕】台湾当局が中国企業への圧力を一段と強めている。当局は24日、アリババ集団の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」に対し、台湾から撤退するか、「中国資本」の会社であることを認めて再申請するかを迫る改善命令を下した。背景には中国企業が中国資本の会社でないように見せかけ、台湾で事業を広げる実態がある。

「調査の結果、台湾でタオバオを運営する英投資会社クラダ・ベンチャー・インベストメントは、アリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り842文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン