/

この記事は会員限定です

ホンダ、英から生産移管 寄居工場 新協定見据え活用

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]

ホンダは2021年に終了する予定の英国生産について、一部を日本に移管する方針を固めた。英国を巡っては欧州連合(EU)脱退に伴い、日英両政府が自動車関税の撤廃に向けた詰めの協議に入っている。ホンダは為替リスクを減らすため現地生産比率を高めていたが、通商協定の合意を見据え国内工場の活用を進める。

英スウィンドン工場で手がけている同国と日本市場向けの乗用車「シビック」の生産を、21年から寄居工場(埼玉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン