大嘗宮設営に12億5千万円 平成時より安く

「令和」新時代
社会・くらし
2020/8/25 15:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

天皇の代替わりに伴い昨年行われた皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」の舞台となった木造の祭殿「大嘗宮」について、設営にかかった費用が約12億5500万円だったことが、関係者への取材でわかった。約14億円だった平成時を下回った。

宮内庁は当初、資材の高騰などを背景に、今回の大嘗宮設営には約19億円かかると試算していた。工法の工夫などで、造営部分が予定価格の6割にあたる9億5700万円で落札されたこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]