/

建設業界もDX 有力VCが注目する2つの技術

建設現場を撮影するドローン(東京都内)
CBINSIGHTS
労働集約型で作業者の経験やノウハウによる部分が大きく、アナログな印象がある建設業界。だがこの分野でもソフトウエアやロボットを活用し生産性を高めようとする建設テックスタートアップが増え、少しずつデジタルトランスフォーメーション(DX)が進む。今回は建設テックの中でも投資マネーが集まるプロジェクト管理とドローン(小型無人機)活用の2つの技術分野を紹介する。
日本経済新聞社は、スタートアップ企業やそれに投資するベンチャーキャピタルなどの動向を調査・分析する米CBインサイツ(ニューヨーク)と業務提携しています。同社の発行するスタートアップ企業やテクノロジーに関するリポートを日本語に翻訳し、日経電子版に週2回掲載しています。

CBインサイツが選んだ世界の有力ベンチャーキャピタル(VC)のリスト「スマートマネーVC」(投資先の企業価値や投資成績に基づき選定)25社のうち、2015年以降に建設テックスタートアップに投資したのは17社に上る。

もっとも、15年以降のスマートマネーVCによる建設テックへの投資は安定していない。最も多かった15年の投資件数は13件だったが、18年はわずか4件に減り、19年にいくぶん回復した。

スマートマネーVCの投資件数、15年の水準に戻らず (スマートマネーVCが参加した建設テック企業による資金調達案件、15年~20年8月13日)

市場規模11兆ドルの建設業界ではDXが進んでいる。スマートマネーVCが商機とにらむ分野を明らかにするため、15年以降の建設テックでの投資状況を図に示した。

ここでは建設テックを、ソフトウエアやロボットなどのテクノロジーを使って建設プロセスをデジタル化し、自動化し、調整している企業と定義している。

スマートマネーVCによる建設テックの投資分野(15年~20年8月13日)

(注)それぞれの線は1回以上の未公開市場での投資を表す。米プラングリッド(PlanGrid)、米ビルディングコネクテッド(BuildingConnected)、米アイアンプラネット(IronPlanet)、米エアーウエア(Airware)は他社に買収され、米スマートシート(Smartsheet)は上場した。米グーグル研究機関「グーグルX」から独立した米フラックスファクトリー(Flux Factory)は休業し、事業を転換した。

主なポイント

▽プロジェクト管理やドローンのスタートアップに投資

15年以降にスマートマネーVCの出資を受けた建設テックスタートアップは27社だった。「協業&プロジェクト管理」「ドローン」のカテゴリーの企業への投資が多かった。

最も多いのは「協業&プロジェクト管理」「ドローン」のスタートアップへの投資 (スマートマネーVCによる建設テックスタートアップへのカテゴリー別投資割合、15年~20年8月13日)

「協業&プロジェクト管理」のスタートアップは現場データの収集・共有プロセスの改善を目指している。

例えば、米プロコア(Procore、累積調達額4億500万ドル)や米ランビックス(Rhumbix、4300万ドル)、オーストリアのプランレーダー(PlanRadar、3300万ドル)などのスタートアップは現場データの記録、現場の生産性のモニタリング、チーム同士のやりとりの解決策を手掛けている。

ドローンスタートアップもスマートマネーVCから注目を集めている。こうした企業はドローンを使って現場の上空からの情報を収集したり、原材料を配送したりする。

例えば、米ドローンデプロイ(DroneDeploy、9100万ドル)、米ケスプリー(Kespry、6100万ドル)、米ドローンベース(DroneBase、3100万ドル)は航空画像を収集し、高精度なモニタリングに使う地図や現場モデルを作製する。一方、米VCライトスピード・ベンチャー・パートナーズが出資する米ボランシ(Volansi、2000万ドル)は原材料を配送する自律飛行のドローンを開発している。

▽買収活動は、建設テックにおける既存企業の影響を反映している

15年以降にスマートマネーVCから出資を受けた建設テックスタートアップ27社のうち、既存企業に買収されたのは3社だった(買収された建設テックスタートアップは全体で4社)。

製造や建築、工業などで使うソフトウエアを設計する米オートデスクは、スマートマネーVCから出資を受けていたプラングリッドとビルディングコネクテッドを買収した。プラングリッド(米VCセコイア・キャピタルが出資)は建設データを収集・共有するクラウドベースのプラットフォームを提供している。一方、ビルディングコネクテッド(ライトスピードが出資)は、デベロッパーが下請け業者を見つけたり、競売を運営したりするプラットフォームを開発した。

産業機械のオークションを手掛けるカナダのリッチーブラザーズは16年、オンラインの建設オークションスタートアップ、アイアンプラネットを7億5900万ドルで取得した。アイアンプラネットには米VCのアクセルとクライナー・パーキンス・コーフィールド&バイヤーズ(KPCB)から出資していた。

もっとも、買い手は既存企業だけではない。米VCアンドリーセン・ホロウィッツとKPCBが出資したエアーウエアの資産は仏ドローンスタートアップ、デルエアー・テックが買い取った。デルエアーは鉱業やインフラ、農業、建設プロジェクト向けに空からの情報を提供している。

▽建設テック投資は早期段階のスタートアップに集中

19年のスマートマネーVCによる建設テックスタートアップへの投資では、初中期段階のスタートアップ向けが72%を占めた。

これはプレハブ工法やドローンなど建設テックの技術や手段の多くがまだ採用されたばかりの段階にとどまることを反映している。

初中期段階のスタートアップへの投資が主流 (スマートマネーVCの建設テックへのステージ別投資、15~19年)

20年にはプレハブ工法を手掛ける初期段階のスタートアップ、米カバーテクノロジーズ(Cover Technologies)がシリーズAの資金調達ラウンドで米VCゼネラル・カタリストなどから1000万ドルを調達した。さらに、米VCユニオン・スクエア・ベンチャーズが出資するドローンベースはシリーズCで750万ドルを調達した。このラウンドにはスマートマネーVCのほか、ドローン世界最大手、中国のDJIなども参加した。

世界の有力ベンチャーキャピタル「スマートマネーVC」25社
企業名国・地域
アクセル
アンドリーセン・ホロウィッツ
ベインキャピタル・ベンチャーズ
バッテリー・ベンチャーズ
ベンチマーク
ベッセマー・ベンチャー・パートナーズ
DAGベンチャーズ
DSTグローバル香港
ゼネラル・カタリスト
GGVキャピタル
グレイロック・パートナーズ
インデックス・ベンチャーズ
インサイト・パートナーズ
インスティテューショナル・ベンチャー・パートナーズ
クライナー・パーキンス・コーフィールド&バイヤーズ(KPCB)
ライトスピード・ベンチャー・パートナーズ
ニュー・エンタープライズ・アソシエーツ(NEA)
ノーウエスト・ベンチャー・パートナーズ
レッドポイント・ベンチャーズ
サファイア・ベンチャーズ
セコイア・キャピタル
スパーク・キャピタル
サッターヒル・ベンチャーズ
スレッショルド・ベンチャーズ
ユニオン・スクエア・ベンチャーズ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン