/

ガンジーの眼鏡に3千万円 英で競売、予想額上回る

(更新)

【ロンドン=共同】「インド独立の父」マハトマ・ガンジーが所有していたとされる丸眼鏡が英競売会社イースト・ブリストル・オークションズで競売にかけられ、26万ポンド(約3600万円)で落札された。落札者は米国の収集家で、予想落札額の1万5千ポンドを大きく上回った。英メディアが報じた。

マハトマ・ガンジーが所有していたとされる丸眼鏡(7月20日)=イースト・ブリストル・オークションズ提供、AP

眼鏡は出品者の親族が1920~30年ごろ、英石油会社の駐在員として勤務していた南アフリカでガンジー本人から譲り受けた。ガンジーは古くなったり使わなくなったりした眼鏡を恩人らに渡すことがあったという。

眼鏡が本当にガンジーが使っていたものだったかどうかについて、競売人はオークション前、英メディアに「確証はない」と話していたが、入手時期や左右のレンズを支えるブリッジ部分がガンジーの眼鏡の形と一致しているとしていた。出品者の男性は郵便で出品を依頼してきた。

ガンジーは若き日に南アで弁護士として活動。インド帰国後、非暴力・不服従を唱え英国からの独立運動に身を投じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン