/

静岡県袋井市、コロナ対策に6.9億円 9月補正予算

静岡県袋井市は25日、一般会計に12億1500万円を追加する2020年度9月補正予算案を発表した。新型コロナウイルスの感染対策や経済支援に6億9600万円を計上した。クラウンメロンなどが返礼品のふるさと納税事業には8000万円を充当した。

新型コロナ対策では、感染防止のための物品や設備を導入する中小事業者の支援に6000万円を充てる。減収世帯への上限20万円の貸し付けに5800万円、感染を想定した避難所の整備に5100万円を充てる。

補正後の一般会計総額は462億4400万円。31日開会の市議会9月定例会に提出する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン