/

この記事は会員限定です

野村・SBI、因縁乗り越え「デジタル」で接近

NIKKEI Financialから

(更新) [有料会員限定]

野村ホールディングス(HD)とSBIホールディングスが急接近している。その結び目となっているのがブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用したデジタル証券だ。かつて野村に対してライバル心をむき出しにしていたSBIHDの北尾吉孝社長。柔軟外交に転じた裏側には、デジタル証券の世界標準を握りたいとの思惑がある。

金融エグゼクティブのための新しいデジタルメディア「NIKKEI Financial」試用版は大手銀や証券のほか、金融庁、フィンテック、グローバル金融の深掘り記事を掲載しています。本記事の全文はNIKKEI Financial(https://financial.nikkei.com)に登録すると読めます。

「社内には北尾さんに対する警戒はもちろんある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン