「通話を文字化して要約」サービス コロナで導入急増

コラム(テクノロジー)
2020/9/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

通話中に交わした言葉が自動的に全文文字起こしされ、要約される。会話の速度や抑揚の強弱、沈黙の回数まで克明に映し出す画期的なサービスが、新型コロナウイルスによる在宅勤務の拡大で急速に利用者数を伸ばしている。サービス名は「ミーテル」。スタートアップ企業のレブコム(東京・渋谷)が開発した。人工知能(AI)搭載のクラウドIP電話。パソコンのブラウザー上からワンクリックで発信でき、会話の内容をAIがリアルタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]