コロナ回復後に再感染 香港大チームが初確認

2020/8/25 0:49 (2020/8/25 5:01更新)
保存
共有
印刷
その他

香港では新型コロナの新規感染が続いている=ロイター

香港では新型コロナの新規感染が続いている=ロイター

【香港=木原雄士】香港大学の研究チームは24日、新型コロナウイルスに感染して回復した人が再び感染したことを初めて確認したと発表した。ウイルスを詳しく調べたところ、最初に感染した時とは別のものと判明したという。世界的な流行が長引く懸念がある。

香港メディアによると、2回感染したのはIT業界で働く33歳の男性。3月に感染が確認され、4月にはいったん回復したが、8月にスペインから香港に戻った際の検査で陽性反応が出た。遺伝子解析から2回目のウイルスは欧州で流行したものに近く、最初の感染とは別だと結論づけた。

研究チームは「コロナウイルスは一般的な風邪と同様に、患者が免疫を獲得しても、人々の間に長くとどまることが示唆された」と分析。「いちど感染した人もワクチン接種やマスク着用、社会的距離の確保といった予防策に従う必要がある」と強調した。

新型コロナを巡っては、一度感染して増強された免疫の能力が、数カ月で落ちるという研究報告もある。世界的な流行が長期化する可能性があり、渡航制限などの規制を当面続ける必要があるとの見方が強まっている。

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、再感染が確認された男性には新型コロナの症状が出ていない。同紙は専門家の見方として「1回目の感染が免疫を作り出し、発症を防いだ」(米エール大の岩崎明子教授)と伝えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]