/

この記事は会員限定です

VPN脆弱性対応、日本企業に隙 「ゼロトラスト」不可欠

暗証番号など流出

[有料会員限定]

安心してデータをやり取りする仕組みが逆にサイバー攻撃の標的になった。38社の日本企業を含む約900社について、社内システムに接続するVPN(仮想私設網)の暗証番号などが流出した。日本企業がテレワークを急拡大する中、セキュリティー対策も一新する必要性が浮かぶ。不正侵入を前提とした「ゼロトラスト」と呼ばれる対策が求められている。

問題が発覚したのは8月中旬だった。犯罪情報が集まるサイトで、日本企業38社を含む900社超のVPNの暗証番号などがやり取りされている実態が確認された。データ流出にはロシアのハッカ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

データの世紀

データ資源は21世紀の「新たな石油」といわれる。企業や国の競争力を高め、世界の経済成長の原動力となる。一方、膨大なデータを独占するIT(情報技術)企業への富と力の集中や、人工知能(AI)のデータ分析が人の行動を支配するリスクなど人類が初めて直面する問題も生んだ。
連載企画「データの世紀」とネット社会を巡る一連の調査報道は、大きな可能性と課題をともにはらむデータエコノミーの最前線を追いかけている。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン