夏レジャー「近場」「職場」 ワーケーション需要じわり

2020/8/24 21:30 (2020/8/25 4:28更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染問題が収まらないなか、今夏のレジャー消費が例年とは異なる様相を見せている。海外など遠方への旅行に代わり、都市部から近いホテルがにぎわった。社員が働く場として企業が海辺の旅館を活用する例もある。観光需要の落ち込みが長引くことを前提に、新たな集客競争が始まっている。

日本旅行によると7~8月の夏のツアー受注は前年の7~8割減だった。逆風下でもお客を集めたのが知名度のある高級ホ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]