/

内視鏡検査の飛沫拡散防ぐ 香川大、患者用の簡易装置

香川大学は24日、内視鏡検査の際の飛沫による新型コロナウイルス感染を防ぐため、患者の頭部を覆う簡易装置の商品化をめざすと発表した。香川県丸亀市に本社を置くフィルム製品の大倉工業と連携し、2021年3月に県内で販売を開始する計画。フィルム部材を使い捨てにすることで検査後に必要だった消毒の手間を省き、感染リスクを軽減する。

内視鏡検査は、口から検査機器をいれるため患者がせき込むなど、飛沫が拡散しやすかった。試作品はフィルムが患者の頭部を覆い、内視鏡や酸素注入器などを中に通す穴があいている。陰圧装置を使うことで空気が多方向に漏れるのを防ぐ。

金属製のフレームにフィルムを取り付ける構造となっている。フィルムを使い捨てにすることで、従来は消毒などを含めて30分かかっていた内視鏡検査が10分ほどで済ませられるようになる。今後は試作品の改良を進めて20年12月に県内医療機関でモニター使用し、21年には量産体制ができるようにする計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン