/

この記事は会員限定です

ベネッセ、児童の苦手分野見える化 教育DXの基盤整う

[有料会員限定]

教育関連各社が学校教育のデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む。ベネッセコーポレーションは児童の意欲や弱点などを見える化して指導に生かす。凸版印刷は間違い方に合わせて問題が変わる学習ドリルの提供を始める。新型コロナウイルス禍をきっかけに文部科学省は2020年度中に、小中学生全員に1人1台情報端末の配備を目指す。DXの基盤が整い、教育現場が変わる可能性がある。

ベネッセは勘や経験に頼りがちだった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1461文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン