/

この記事は会員限定です

「不人気株」秋の主役? 底入れ感、強気相場の予兆

証券部 須賀恭平

[有料会員限定]

コロナ禍で機関投資家が手放してきた「不人気銘柄」の一角を買い戻す動きが出ている。ハイテク株を中心に人気銘柄の上昇が強い陰で、海外勢などは業績回復を見越して先回りしようと狙う。過去にも大きく売り込まれた銘柄の上昇は強気相場の予兆だった。復調する不人気株が秋相場の主役になる可能性がありそうだ。

24日の日経平均は取引時間中に2万3000円を上回る場面があったが、前日比65円(0.3%)高の2万2985...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン