/

東京都世田谷区、介護従事者らへPCR検査、9月中旬から

東京都世田谷区の保坂展人区長は24日の記者会見で、区内の介護施設職員らを対象に新型コロナウイルスのPCR検査を9月中旬から実施すると発表した。当面は1日1000件程度を予定する。保育所・幼稚園の職員も対象とし、施設内でのクラスター(感染者集団)発生を防ぐ。

社会的検査の開始を発表する保坂氏(東京都世田谷区)

各施設から希望を募って検査する。検体は対象者が自分自身で鼻腔(びくう)を拭って採取。区は従来の検査方式に加え、複数の検体を一度に検査することでコストを削減できる「プール方式」を採用する。

高齢者らは感染すると重症化するリスクが高いため、施設内で接触が避けられない職員を対象に「社会的検査」として取り組む。介護、保育施設などの従事者あわせて、約2万3000人への検査を見込む。特別養護老人ホームへの入居予定者らも検査対象とする。保坂氏は「対象をさらに拡大することも検討する」と述べた。

世田谷区は感染の疑いがある人を対象とする従来の検査も1日当たり300件から600件へと能力を倍増させる。大量に検査できる機器を導入することも検討する。一連のPCR検査の拡充に必要な事業費は約12億6000万円という。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン