/

この記事は会員限定です

東南アの新車販売4割減、上期 需要喚起へリース提案

[有料会員限定]

【バンコク=村松洋兵、ジャカルタ=地曳航也】東南アジアの新車販売が2020年1~6月期に前年同期比42%減った。月単位でみると最悪期は脱しつつあるが、欧米などに比べると回復のペースは遅い。需要喚起に向け、リースやカーシェアなど先進国で広がる新たな使い方の提案も出てきた。

主要6カ国(タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナム、シンガポール)の1~6月の新車販売は98万5千台だった。新型コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン