[社説]「大学債」が問う国立大のガバナンス

2020/8/24 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国立大学に対する国の財政支援が減少傾向にあるなか、独自の資金調達手段である「大学債」の発行条件が緩和された。

これまで付属病院や学生寮など償還財源の裏付けがある施設整備に限って国立大の起債は認められてきた。だが、関連法令が改正され、各大学の戦略的な経営判断による教育・研究投資にも直接金融の道が開かれた。

今後は、学生や所管官庁だけでなく、投資家を含む社会全般にステークホルダーが広がる。この変化を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]