/

埼玉・深谷市が「書かない窓口」 住民票申請など

埼玉県深谷市は住民票や印鑑証明書などの申請書を書かずに申請できる「書かない窓口」を始めた。必要事項を職員が聞き取り、データを入力する。申請者は印刷された内容を確認し、署名すれば申請が完了する。職員の事務作業にかかる時間を短縮する新システムも導入した。

これまで申請者は記載台で申請書に記入する必要があり、書き方などをアドバイスする案内役を配置していた。7月の新庁舎開庁に合わせ、市民課は記載台や案内役を廃止。職員が窓口で住民情報を直接入力し、申請書の作成を支援する。

定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入し、職員が入力したデータを基に証明書などを自動的に作成する。従来は申請者が手書きした書類を審査した後、職員が手入力で証明書を印刷していた。入力内容は住民基本台帳システムと連携し、住民の転出入時に職員が情報を入力する手間を省ける。

北海道北見市と北見コンピューター・ビジネス(同市)が構築したシステムを採用した。職員が名前や住所を正確に入力できるよう、光学式文字読み取り装置(OCR)で運転免許証などから情報を読み取る機能も独自で付けたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン