野村不、廃病院を再開発へ 福島・郡山市の駅前

2020/8/24 17:27
保存
共有
印刷
その他

野村不動産は24日、福島県郡山市の新幹線駅前で廃止されたままになっている旧寿泉堂綜合病院の建物と敷地(0.4ヘクタール)を再開発すると発表した。地上20階、150戸のタワーマンションを建設する。2021年に廃病院の解体に着手し24年の完成を目指す。

再開発される寿泉堂綜合病院の旧病棟(福島県郡山市)

建物の高さは73メートルで、地上1~3階は健診センターが入る。併設の駐車場は立体型とする。

対象地はJR郡山駅西口ロータリーから徒歩1分程で、うすい百貨店が近い。「郡山駅前1丁目第二地区」として再開発地に指定されており、国、福島県、郡山市の助成が得られる見通し。

寿泉堂綜合病院は2000年代初め、駅前の所有地を再開発し2つのタワーマンションを建てる計画だった。新病院が入った24階建ては完成したが、2棟目は08年のリーマン・ショックによって凍結されていた。

地元の不動産会社の経営者はマンションについて「駅の目の前の繁華街にあるので首都圏の人から人気を集めそう」と話す。

郡山駅の近くでは星総合病院も旧病院の再開発が課題になっている。19年に再開発計画が浮上したが、新型コロナウイルスの感染拡大で見直しを余儀なくされた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]