/

マクセル、6枚刃の電動シェーバーを発売

新製品発表会で登壇するマクセルの乗松幸示執行役員(右)

マクセルホールディングス(HD)子会社のマクセル(東京・港)は24日、男性向け電動シェーバー「Vシリーズ」の10製品を発売すると発表した。最上位機種では「業界初」(同社)となる6枚刃を搭載することで、効率的にひげをそれるようにするとともに、肌への負担も抑えた。ひげが濃い消費者からは早く簡単にそりたいとの需要が増えていることに応えた。

「肌に吸い付くような感覚で強く押しつけることなく短時間でシェービングできる」。新製品発表会に登壇したマクセルの乗松幸示執行役員はこう強調した。最上位機種では搭載する刃の数を6枚に増やしたことで、ひげそりにかかる時間を5枚刃だった従来製品から3割ほど短縮できるという。肌への負担も約17%抑えた。

シェーバーの刃の耐久性も高めた。高い耐久性を持つステンレス製の刃を採用したことで3年間は交換せずに使えるという。大容量のリチウムイオン電池を搭載して4週間ほど充電しなくても使い続けられる。

新製品はマクセルHD子会社のマクセルイズミ(長野県松本市)が生産し、マクセルが販売を担う。2020年4~6月期では台数ベースで国内3位のシェアを握っているといい、乗松執行役員は「これからも他社が手掛けていない製品を販売していく」と意気込む。今後は製品の開発や販売で両社の連携を強めるとともに、高価格帯の製品を増やしてシェアを高めていきたい考えだ。

価格はオープンだが、洗浄機付きの最上位機種の「IZF-V990-N」で税別2万4800円を想定する。28日から全国の家電量販店などで販売を始める。(菅野気宇)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン