アパレル7社、11ブランド休廃止 事業モデル機能不全

2020/8/24 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アパレルでブランドを整理する動きが広がってきた。ワールドの「オゾック」など、今年度中に主要7社が計11ブランドの休廃止に踏み切る計画で、これに伴う店舗閉鎖は計500店超にのぼる見通し。アパレル業界はブランド乱立と過剰在庫という課題を長年抱えてきたが、新型コロナウイルス禍による販売低迷で、構造問題が深刻化。今後もリストラが相次ぎそうだ。

日本経済新聞社が主要アパレルへの聞き取りなどを通じてまとめた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]