/

この記事は会員限定です

ソフトバンクの市場評価、理論株価に届かぬ2つの事情

証券部 野口知宏

[有料会員限定]

ソフトバンクの理論株価と市場の評価に乖離(かいり)が出ている。割引キャッシュフロー(DCF)法と呼ばれる企業価値の代表的な分析手法を使って理論上の株価を試算。足元の株価(1480円前後)と比べると300円近い開きがあることが分かった。2021年3月期に3期連続の最高益を見込むなかでも、高値を更新できていない背景にはソフトバンク特有の2つの事情がある。

4日の決算説明会では23年3月期に連結営業利益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン