/

この記事は会員限定です

「自民党をぶっ壊す」小泉構造改革と不良債権処理

学び×平成の経済史(3)小峰隆夫・大正大学教授

(更新) [有料会員限定]

第3回は2000年代前半、小泉構造改革の時代を取り上げる。「自民党をぶっ壊す」と威勢よく登場した小泉純一郎総理は、高い支持率に支えられて改革を進めていく。

小泉構造改革とは何だったのか

小泉総理は、それまでの政権には見られなかったような思い切った政策を展開していった。それはなかなかドラマチックであり、私も見ていて面白かった。国民的人気も高かったが、これは、「既得権益にしがみついた抵抗勢力を排して改...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2816文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

学び×平成の経済史

バブル崩壊、金融危機、リーマン・ショック、そして長引くデフレ――。平成の時代に日本経済は大きく変わりました。令和にかけて政権を担った安倍晋三首相が辞任を表明するなど今なお混迷は続きます。旧経済企画庁の出身で「平成の経済」などの著書をもつ大正大学教授の小峰隆夫さんがこの30年あまりの動乱を振り返り、現在に通じる課題や教訓を探ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン