/

この記事は会員限定です

自治体もキャッシュレス 窓口手数料や施設利用料

[有料会員限定]

自治体が窓口や公共施設でのキャッシュレス決済の導入へ重い腰を上げつつある。もともと手数料など少額の支払いが多く潜在需要は大きいが、古くからの内部規則や慣行が壁だった。民間は6月までのポイント還元策で全国に対象店舗が広がった。政府は自治体の背中も押そうと手順書をまとめ、民間と共同でQRコードの統一規格の普及にも乗り出した。

地域の循環バスや駐車場に電子マネーを採用している東京都台東区。本丸の行政窓...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1480文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン