/

首相が病院再訪問 2週連続、周辺「受診は前回の続き」

(更新)

安倍晋三首相は24日午前、都内の慶応義塾大学病院を訪れた。夏季休暇を利用して日帰り検診を受けた17日に続いて2週連続となる。首相周辺は「前回の受診時に医師から1週間後に来るように言われていた。受診は前回の続きだ」と説明した。

菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で「先日の検査を受けて追加検査と聞いている」と語った。首相の体調は「毎日お目にかかっているが、変わりはない」と話した。

首相は17日に同病院に約7時間半滞在した。16~18日に取っていた夏季休暇のさなかだった。19日に公務を再開した際、記者団に「体調管理に万全を期すため検査を受けた。これから再び仕事に復帰して頑張っていきたい」と述べていた。

首相は新型コロナウイルス対応で1~6月に連日執務にあたった。政府・与党内には今後、まとまった休暇を取るべきだとの声もある。

首相の連続在任日数は24日に2799日となり、佐藤栄作氏を上回り歴代最長となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン