/

中国、新型コロナワクチンの緊急投与を7月に開始

【大連=渡辺伸】中国政府が新型コロナウイルス向けワクチンの緊急投与を7月22日に正式に始めたことが分かった。医療従事者のほか、防疫や検査担当者、交通機関の担当者が対象だ。同ワクチンは複数の中国製薬会社が各国と組み、最終の治験を進めている途中。実際の使用事例を示すことで、安全性をアピールする狙いもありそうだ。

中国製薬会社のシノバック・バイオテックが開発中の新型コロナウイルス用ワクチン

国家衛生健康委員会の科学技術発展センター、鄭忠偉主任の発言として中国メディアが伝えた。

緊急投与は「ワクチン管理法」に基づいて同委員会が使用を申請し、薬品監督当局が認可する。実際に投与した人数や、どの製薬会社のワクチンが使われたのかは明らかになっていない。

欧米などとの開発競争が過熱するなか、中国政府はワクチンの開発支援を急ぐ。軍を掌握する中央軍事委員会は6月、中国製薬会社の康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)のコロナワクチンを使用する許可を出した。人民日報によると、中国の知的財産当局は8月11日、カンシノのワクチンに特許を付与した。

そのほか国有医薬大手の中国医薬集団(シノファーム)は21日、アルゼンチンで最終治験を行うと発表した。同社による最終治験は6カ国に増える見通しで、12月末の実用化をめざす。科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)もブラジルなどで最終治験中だ。

今後の焦点となるのがワクチンの安全性だ。「実際に接種してみたが、体への副作用は特に感じなかった」。通信関連企業で働く武漢市の女性(29)は3月、中国のSNS(交流サイト)で、ワクチンを評価するコメントを書いた。一方、大連市の会社員男性(34)は「安全かは分からないので発売後もしばらく使いたくない」と警戒する。

世界保健機関(WHO)によると、世界で臨床試験中のワクチンは30種類。米モデルナ、英アストラゼネカとオックスフォード大といった欧米勢も治験を進めている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン