/

この記事は会員限定です

タイ経済の「司令塔」退場、栄光と挫折の足跡

アジア総局長 高橋徹

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対応で、世界保健機関(WHO)から「優等生」のお墨付きを得たタイ。先週、実に86日ぶりに市中感染が疑われる陽性者を確認したものの、なお封じ込めには成功している。

むしろ同国内を浮足立たせているのは、コロナへの警戒感の後退に反比例して広がる、反政府デモだろう。学生を中心にした集会は8月に入って一段と活発になり、一部からはこれまでタブーだった王室改革の要求まで飛び出した。

強権批判に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2677文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Asia Analysis

経済が成長し目まぐるしく変化するアジアの国々。米国と中国の超大国同士の貿易摩擦が激しくなる中、その狭間に位置するアジアにも余波が及んできた。現地の政治・経済の今を切り取る。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン