苦境レオパレス21 再建阻む3つの要因

2020/8/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経営再建中のレオパレス21がもがいている。賃貸アパートの施工不良の問題発覚から2年以上たつが、改修工事の完了時期はいまだ見通せず、2年前に9割を超えていた入居率は下落の一途をたどる。業績悪化に歯止めはかからない。なぜ思うように改修工事は進まないのか。

13.6%。数にして1035棟。定番の賃貸物件「ゴールドネイル」など8シリーズに関する7月末時点の改修工事の完了状況だ。レオパレスは建設した全物件…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]