/

この記事は会員限定です

1000病院が無利子融資活用 患者の受診減で経営悪化

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の影響で経営が悪化している病院向けの無利子・無担保融資の決定件数が7月21日時点で1千件余りにのぼった。全国8200病院の1割強にあたる。受診控えで患者が減り病院の減収が続いている。利用は一部にとどまっているが、今後も増えるとみられている。

厚生労働省所管の独立行政法人「福祉医療機構」が医療機関向けの無利子・無担保融資を担っている。機構によると、入院ベッド数が20床以上の病...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り384文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン