パラリンピック進化形

フォローする

IPCパーソンズ会長、東京大会開催可否 判断は来年

2020/8/24 0:00
保存
共有
印刷
その他

国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドルー・パーソンズ会長は、24日に東京パラリンピック1年前を迎えるにあたり、日本経済新聞などとのオンライン会見に臨み、東京五輪・パラリンピック開催か中止かの判断は「来年になる」と明言した。

ブラジルの自宅からオンライン会見に臨むパーソンズIPC会長(8月21日)

ブラジルの自宅からオンライン会見に臨むパーソンズIPC会長(8月21日)

パーソンズ会長は、世界のコロナウイルス感染の状況が毎日のように変わっていることを挙げ、最終判断をする期限についても「設けていない」と強調。その上で「ウイルスへの対処法や、ワクチンについていいニュースが出てきたら、より早く大会開催を確約できるだろう。だから今、期限を切るのはベストではない」と説明した。

IPCは組織委員会と大会の簡素化で合意したが、参加する選手や競技・種目について「現時点で減らそうとはしていない」と指摘。安全な環境をつくり、感染リスクを減らすことを最優先する姿勢を示した。また「全世界からの参加は譲れない原則。(感染拡大が収まらない)国の選手の参加を禁止することは考えてない」と話し、特別な検疫で対処するとした。

人種差別への抗議など、政治的な意見を大会で表明したいという選手の声が高まっていることに対しては「アスリート委員会で選手の意見を聞き、(意見表明を禁止しているルールを変えるかどうかの)決断を下す。国際オリンピック委員会(IOC)と連携する必要があるなら、共通の解決策を見つける」と話した。

パラリンピック進化形をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

パラリンピック進化形 一覧

フォローする


 日本生命保険は、車いすバスケットボールを中心としたパラスポーツの観戦会を定期的に開催している。5年間で延べ約2万人の職員が参加。2017年4月には日本車いすバスケットボール連盟の公式パートナーとなり …続き (8/25)

=共同共同

 延期された東京パラリンピックの開幕まで1年となった24日、陸上と競泳の両国内競技団体で、本年度はスポンサー企業からの協賛金収入がともに約1300万円の大幅減となることが関係者への取材で分かった。金メ …続き (8/25)

丸井グループがつくった専用ピッチで練習する日本代表の選手たち(7月、東京都小平市)=日本ブラインドサッカー協会提供日本ブラインドサッカー協会提供


 流浪の民が、ようやくついのすみかを手に入れた。ブラインド(5人制)サッカーの専用ピッチが6月、東京都小平市に完成した。各地の施設を転々としながら合宿をしてきた日本代表にとっては、初の専用練習場。提供 …続き (8/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]