IHI、衛星エンジン価格3分の1 宇宙ビジネス弾み

2020/8/22 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IHIは価格を競合メーカーの3分の1に抑えた小型の人工衛星向けエンジンを開発した。通信関連や、地球の画像データを活用した農業や水産業、災害分析といった分野で小型衛星の需要は高まっている。衛星の費用を抑え、スタートアップ企業も使いやすくして宇宙開発ビジネスに弾みをつける。

IHIが手掛けるのは通信網の構築や気象観測などに使う重量150キログラム級の小型衛星向けのエンジン。2022年の利用を目指す。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]