/

この記事は会員限定です

[社説]アップルの革新力は健在か

[有料会員限定]

米アップルの時価総額が2兆ドル(約210兆円)を超えた。サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコに次ぐ2社目の大台突破だが、いまはアップルが世界最大の規模を誇る。

株式市場で高く評価されているのは、新型コロナ禍のさなかでも好業績が期待できるからだ。遠隔教育などで使われる情報端末の売れ行きが好調で、4~6月期の純利益は前年同期比12%増えた。

こうした躍進は、ティム・クック最高経営責任者(CEO)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り592文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン