/

「対馬丸」撃沈から76年 沖縄と広島で慰霊祭

太平洋戦争後期に沖縄を出港した学童疎開船「対馬丸」が鹿児島県沖で米潜水艦に撃沈され、子どもら1500人近くが犠牲になった事件から76年の22日、那覇市と広島市で慰霊祭が営まれた。

学童疎開船「対馬丸」撃沈から76年となり、慰霊碑に焼香する参列者(22日、広島市)=共同

新型コロナウイルス対策のため、那覇市の碑「小桜の塔」と広島市の比治山陸軍墓地の2会場とも規模を例年より縮小。初めて両市をオンラインでつないで同時開催した。

那覇市の会場で参列した同市の照屋恒さん(80)は一緒に乗船した母と姉を亡くし「生きていれば、どのようになっていただろうか。争いのない世の中であってほしい」と語った。

広島市の会場で弔辞を読んだ同市の梅本テル子さん(84)は対馬丸に乗船予定だったが、直前で別の船に乗ることになって無事だった。同級生15人が犠牲になり「乗っていたら自分も運命を共にしていたのかもしれません。戦争が起こらぬようしっかり見てまいります」と追悼した。

対馬丸は1944年8月21日、長崎に向けて那覇港を出港。翌22日、鹿児島県・トカラ列島の悪石島沖で米海軍の潜水艦の魚雷攻撃を受けて沈没した。対馬丸記念会によると、国民学校の学童や教員、陸軍船舶砲兵ら1788人が乗船し、判明しているだけで1484人が犠牲になったとされる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン