/

現役車両で運転体験 和歌山電鉄

和歌山電鉄(和歌山市)は22日、市内の車両基地の線路で電車を実際に運転できる体験会を開いた。営業用の線路では、運転士免許を持つ鉄道事業者の従業員しか運転できず、現役車両を使った運転体験会は珍しいという。

約150人が応募し、抽選で選ばれた4人のうち、この日は2人が参加。運転の方法や規則について説明を受けた後、運転士付き添いの下、同電鉄貴志川線の伊太祈曽駅そばにある車両基地の線路を約40メートル、低速で運転した。

電鉄を利用することがあるという和歌山工業高等専門学校3年、瓜生田彩月さん(18)は「ブレーキをかけるとき、力が入り過ぎて車体の振動が大きくなってしまった。難しかったけど、運転してみたかったのでわくわくした」と話していた。

例年の夏休みは車両見学会を開いているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3密(密閉、密集、密接)を避けて楽しんでもらおうと、初めて企画した。体験会は23日も開かれ、残りの2人が参加する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン