街の歯科、受診控えで経営悪化 遠隔サービスに活路

2020/8/22 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大による受診控えが広がり、「まちの歯医者さん」の経営が悪化している。患者をつなぎ留めようと、オンラインで歯の相談に応じるサービスが相次ぐ。

「影響が長引けば給料や備品購入費を切り詰める必要がある」。大阪市の診療所の院長はため息をつく。高齢者の定期受診が減り4~5月の売上高は前年同期比4割減、7月は持ち直したものの1割減と影響が残る。

日本歯科医師会の調査では診療所の5月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]