/

米ホノルル市が規制再強化 新型コロナ感染拡大受け

【ホノルル=共同】米ハワイ・ホノルル市は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同市を含むオアフ島の住民を対象に原則として自宅滞在を命じる新たな規制措置を導入した。期間は9月16日までで、違反者は刑罰の対象となる。ハワイでは7月後半から新規感染者数が急激に増加しており、特に感染拡大が顕著なオアフ島での規制再強化に踏み切った。

ホノルル市は9月16日まで住民を対象に原則として自宅滞在を命じた=ロイター

ショッピングモールやレストラン、食料品店など特定の施設を除き、人数にかかわらず複数人で集まることも原則禁止する。離れた場所で暮らす家族や友人同士の相互訪問も規制の対象となる。

ハワイ州当局によると、同州の感染者数は5844人で、死者は45人。違反者には最大5千ドル(約53万円)の罰金か禁錮1年以下、またはその両方が科される可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン